名古屋で評判の外壁塗装業者を徹底比較!おすすめの業者をランキング形式で紹介しています。

外壁塗装の工事期間と期間中の注意点

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/08


外壁塗装を検討している方の中には「洗濯物はどのようにすればよいのか」「外出は可能か」「雨が降ったときには作業は中止になのか」など、疑問が生じるケースは多いでしょう。そこで今回は、外壁塗装の一般的な工事期間と期間中の注意点について詳しくお話しします。疑問をすっきり解消し、安心して外壁塗装を行いましょう。

雨が降ったときの工事は中止になるの?

外壁塗装では塗料を使って塗り替えを行うため、当日雨が降ると作業ができず休業になるといったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。名古屋エリアでおすすめの塗装会社では、雨が降って工事ができないのは主に塗装段階での作業です。足場や養生を設置する作業、高圧洗浄や外壁の補修などは多少の雨でも工事が中止になることはありません。

塗装は3回もしくは4回の重ね塗りを行うことで、塗料の膜が外壁表面に形成されて紫外線や雨などの自然の猛威から家を守ってくれる壁に戻せます。また、外壁塗装会社の中には、あらかじめ決めた塗料の色を外壁に試し塗りをして色合いの確認をさせてくれるところもあります。

試し塗りをしてもらえば「外壁塗装を終わって家を眺めてみたら想像していたものと違っていた」「もう少し明るい色の方がよかった」「落ち着いた色にすべきだった」など、後悔をすることもありません。打ち合わせの際にカラーサンプルを使って選んだ外壁の色を使ったCGシミュレーションなども可能にしており、イメージに近いもしくはイメージ通りの外壁に仕上げてもらうこともできます。

ちなみに、カラーサンプルは小さなサイズで目の錯覚が生じやすいものです。しかし、このカラーサンプルを使うときには蛍光灯の下で見るのではなく、外壁にカラーサンプルを押し当てることでイメージに近い外壁の色選びができるため、サンプルを使うときには屋外で見るようにしましょう。

外壁塗装工事に適した季節とは?

外壁塗装の主な流れは、足場および養生の設置、高圧洗浄や外壁の補修、窓ガラスなど塗料が飛び散ることを防止するためのマスキング、下塗り1回と重ね塗り2~3回、最後に足場と養生の撤去といった流れになります。工事にかかる期間は家の大きさや形状などにより異なりますが、2週間前後を目安にしておくとよいでしょう。

作業は朝8時から9時頃から始まり、夕方5時から6時頃までです。夏場は太陽が落ちる時刻が遅くなりますので明るい状態であれば作業を続けることもあり、逆に冬場は早い時間に太陽が落ちて辺りが薄暗くなるなど、作業が終わる時刻が変わります。雨が降っても作業ができる工程はあるけれども、強風をともなうような大雨のときには工事は中止になりますし、塗装段階で長雨が続けば作業はできないので先延ばしになることも少なくありません。

また、高圧洗浄後には窓ガラスなどにマスキングを行うことになる、このマスキングは窓の開け閉めができなくなるため空気を入れ替えたいときなど不便さを感じる人も多いようです。外壁塗装の場合は天候に左右されるため、比較的雨が少ない時期に依頼することで目安となる2週間前後で塗装工事を完了させることができます。

なお、工事中は必要に応じて外出することもできるため、ご夫婦で共稼ぎなど家を留守にする場合でも外壁塗装ができますし、名古屋のおすすめの会社は1日の作業報告書をポストに投函してくれるところもあります。

施工期間が長引いても費用に影響はない

「外壁塗装の期間は2週間といわれたが、雨が続いた期間があり最終的には3週間強の期間になった」といった場合「最初に見積もりした金額よりも高くなるのではないか」などの心配をされる人もいるのではないでしょうか。

結論からすると、期間が長引いたとしてもそれは天候によるものですし、家の大きさから割り出した施工時間があるため、職人さんが仮に作業中にさぼっているなどで期間が長引いたとしても費用に影響がでることはありません。最初に提示された金額で契約を結んでおり、後から塗料のグレードを変更するなどがなければ、同一金額で塗装工事を行ってくれます。

なお、1日の作業の中で午前10時頃と午後3時頃に小休憩、お昼休みといった具合に3度の休憩を取る職人さんが多いのですが、それぞれの時間にお茶などを出さないとならないか、このような疑問を持つ人も多いといえるでしょう。これは特別な決まりがあるわけでなく、休憩時間のときにお茶出しをするのもよいでしょうし、1日の作業が終わって進捗状況を説明してもらった際に買い置きしてあるお茶などを渡す方法もあります。

ただ、定期的に現場に見に行くことで職人さんもよい緊張感をもって仕事を行い、塗装品質の向上につながることからも、お茶出しついでに作業の進捗をうかがい世間話をするなどコミュニケーションを図ることも大切です。

 

外壁塗装工事は、雨が降ると作業ができないものもあり、長雨が続くときなどは当初予定していた工事期間よりも長引くこともあります。塗装段階では窓ガラスなどにマスキングが施され窓の開け閉めができなくなるなど、雨が少なく窓を開けることが少ない時期を選ぶのがおすすめです。

外壁塗装業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名有限会社有松塗工店児玉塗装東海工芸塗り替え道場塗り替えコンビニ
特徴創業33年で6,000件の実績職人養成施設KTCで職人を育成資格を持つプロが無料外壁診断を実施完全自社施工で品質に全責任を持っている安さ・知識・技術・保証のすべてを徹底
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索