名古屋で評判の外壁塗装業者を徹底比較!おすすめの業者をランキング形式で紹介しています。

外壁塗装はいつ頃行うべき?具体的なタイミングを考えよう!

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/12/21


外壁塗装を検討している方の中で、「どのタイミングで行うのがいいの?」とお困りの方も多いのではないでしょうか。外壁塗装は適切なタイミングで定期的に行うことで、より効果を発揮し、住まいを長持ちさせることができます。本記事では、外壁塗装を行う具体的なタイミングや季節、工事期間のおおよその目安について解説していきます。

外壁塗装はいつ頃行うべき?

ここでは、外壁塗装を行う最適なタイミングについて解説していきます。

外壁塗装は行うのは10年が目安

一般的に外壁塗装を行う目安は、前回の塗装から10年が経過したタイミングが最適といわれています。しかし、この年数はあくまで一般論であり、実際には外壁に使用されている塗料の種類や外壁の劣化具合によって最適なタイミングは異なっていきます。

外壁の劣化のサインに注目

外壁に劣化症状がみられる場合、外壁塗装を検討した方がよいでしょう。外壁の塗装に劣化があると雨水が家屋に浸入するなどして建物内部や構造の傷み、損傷につながる可能性があります。

外壁の劣化の中でもとくに注意しておきたいのが、外壁がひび割れる「クラック」や、塗膜の「乖離・膨れ」、外壁を触った際に白い粉が手につく「チョーキング現象」です。外壁にこのような劣化のサインがみられる場合、深刻な劣化状況にあるため早急に塗り替えを行いましょう。

塗料の種類によって外壁塗装のタイミングが異なる

外壁塗装に使用する塗料は、グレードによってそれぞれ耐用年数が異なります。塗料の耐用年数は外壁塗装のタイミングとも直結しているため、外壁に使用する塗料が異なれば外壁塗装のタイミングも変わっていきます。

外壁塗装に使用される主な塗料の種類と耐用年数については以下の通りです。

・アクリル:耐用年数5~7年
・ウレタン:耐用年数8~10年
・シリコン:耐用年数10~15年
・フッ素:耐用年数12~15年

一般的な住宅の外壁にはウレタン塗料、シリコン塗料が使用されていることが多いため、耐用年数で見ると8~15年周期が塗り替えのタイミングとなります。塗膜が劣化してしまうと、剝き出しになった外壁がダメージを受けてしまい、建物の内部に雨水が浸入して腐朽の原因となってしまうため、塗膜の機能が失われる前に外壁塗装を行うのがよいでしょう。

外壁材による違いも外壁塗装のタイミングに関係している

現在、日本の住宅に使用されている外壁の多くが「窯業系サイディング」と呼ばれる素材です。窯業系サイディングは主成分がセメントなため、素材自体に防水機能がまったくありません。工場出荷時に塗装で防水加工を施しているものの、その耐用年数も5~7年程度で切れてしまうため、おおよそ10年周期で塗り替えを検討する必要があります。

外壁塗装に向いている季節とは?

外壁塗装のタイミングは時期によっても大きく左右されていきます。ここで、外壁塗装に向いている季節についてみていきましょう。

外壁塗装に最適な季節は春・秋

外壁塗装に最適な季節は春(3~5月)と秋(9月~11月)といわれています。具体的には気温が15~30℃の間、湿度が40~80%程度の時期・気候が外壁塗装を行うのに最適なタイミングとなります。その理由としては、空気が乾燥していることから塗料の乾燥が早いためです。塗料が早く乾くので、工期も比較的に短期間で済むことが多いです。

しかし、春と秋は外壁塗装を行うのにベストシーズンであることから、外壁塗装を行う人も多く、希望の日程になかなか工事ができないというデメリットもあります。また、住んでいる地域によってもベストシーズンが異なるため、必ずしも春と秋が最適という訳ではありませんので注意してください。

外壁塗装に適さない季節

外壁塗装に最適な季節が分かったところで、反対に外壁塗装に適さない季節についてもみていきましょう。外壁塗装の工事を行う際に重要となるのは気温と湿度です。基本的に外壁塗装はいつでも行うことが可能ですが「気温5℃以下・湿度85%以上」の環境で工事を行うことはできません。これは、塗料メーカーが公表している塗装の際の品質を保証する条件であり、基準を満たせない環境で塗装を行う際には、劣化が早まるなど不具合が生じる可能性が高いです。

外壁塗装の工事期間の目安

一般的に外壁塗装にかかる工事期間の目安は、30坪前後の2階建て住宅の外壁を塗装する場合、7~12日前後といわれています。工事を行う季節や天候によっても多少期間が前後することもあるため、最低でも2週間程度かかると考えておくとよいでしょう。

 

この記事では、外壁塗装を行う最適なタイミング・季節と工事期間の目安について解説しました。外壁塗装を行うタイミングは、塗料や外壁の劣化状況、住宅の築年数などさまざまな要因によってそれぞれ変わっていきます。そのため、外壁に違和感を覚えたり、劣化のサインが現れたりした場合には、そのまま放置せず、1度専門の業者に相談してみることをおすすめします。

外壁塗装業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名有限会社有松塗工店児玉塗装東海工芸塗り替え道場塗り替えコンビニ
特徴創業33年で6,000件の実績職人養成施設KTCで職人を育成資格を持つプロが無料外壁診断を実施完全自社施工で品質に全責任を持っている安さ・知識・技術・保証のすべてを徹底
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧