名古屋で評判の外壁塗装業者を徹底比較!おすすめの業者をランキング形式で紹介しています。

外壁塗装の悪徳業者の手口はどんなものがある?見分ける方法も紹介!

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/08/23


外壁塗装の塗り替えを依頼する際、悪徳業者にだまされないか不安に思う方も多いのではないでしょうか。実際、外壁塗装業者の中には悪徳業者も多いので注意が必要です。この記事では、悪徳業者の手口にどんなものがあるかということや悪徳業者を見分けるためのチェックポイント、優良な塗装業者を見つける方法などをご紹介していきます。

外壁塗装の悪徳業者の手口はどんなものがある?

悪徳業者の手口として、外壁の状態を「かなり劣化が進んでいて、すぐに修繕を行わないと家が倒壊する危険がある」「早急に補修工事をしないと大変なことになる」などと大げさに悪くいって不安を過剰に煽ったり緊急性を強調したりするケースがあります。集中豪雨や台風など自然災害のあとはとくによくみられます。事前連絡なく突然外壁塗装業者に訪問営業をされた場合は悪徳業者の可能性が高いと思ったほうがよいでしょう。

また、外壁塗装に限らず、キャンペーンでの大幅値引きを謳っていたり、当日の契約締結を迫ったりする場合は悪徳業者の可能性が高いです。「今日契約すれば、通常価格300万円のところを150万円にできます」といったトークが代表的な例です。こういったケースは、他社で見積りをとると実は100万円で済む工事だったと判明することが少なくありません。「今日中に契約を」とその場での契約を迫ってくる業者には注意しましょう。

外壁塗装の耐久年数を大げさに伝えるケースもあります。一般的な塗料の寿命は10年、グレードの高い塗料であっても20年が限界です。「50年持ちます」「一度塗れば永久に効果が持続します」といった売り文句は信じないようにしましょう。「足場0円」を謳う業者も要注意です。外壁塗装には基本的に足場の設置が必要で、足場設置には数十万円の費用がかかります。足場を設置せず外壁塗装を行うことは滅多にないため「足場0円」を謳っている業者は他の部分に足場の設置費用が乗っていると考えられます。塗装業者の訪問営業をうけた場合は「いったん家族と相談します」などと伝えてその場での契約は避けましょう。

外壁塗装の悪徳業者を見分ける方法

外壁塗装業者を選ぶ際は、複数の業者から見積りをとって比較することで悪徳業者を見分けることができます。他社と比べて見積り金額が著しく高かったり、安かったりする場合は悪徳業者である可能性が高いです。悪徳業者の中には、最初は安い金額を提示してあとから追加料金を請求する業者もあるので、まずは見積りの提示額が相場とあっているかチェックしましょう。

見積書には金額以外のチェックポイントもあります。「外壁塗装一式」などとざっくりとした見積りを出してくる業者よりも「足場工事」「高圧洗浄」「養生」「塗材塗装(1回目)」など、詳細を記載した見積りの業者のほうが信頼できる業者である可能性が高いです。外壁塗装は塗料を塗る前に高圧洗浄など下地調整作業を行います。この工程について見積に記載がない場合、手抜き工事をされる可能性があります。

また、見積書の項目に塗料の種類や塗る回数が記載してあるかどうかもチェックしてください。外壁塗装では外壁だけでなく軒天や破風板の塗装も行います。見積書に軒天や破風板の塗装について記載があるかどうかも確認しましょう。このように見積書をきちんと確認するだけでも、業者の良し悪しはある程度判断できます。悪徳業者の中には「見積書にサインをください」といい、見積書へのサインを契約締結とみなして勝手に工事を進める業者もあります。「サインをください」といわれたら警戒したほうがよいでしょう。

よい塗装業者を見つけるためには?

優良業者を見分けるチェックポイントをいくつかご紹介します。まず建設業許可(塗装工事業許可)を保有しているか、資格保有者が在籍しているかチェックしてみましょう。外壁塗装に関する資格には、塗装技能士(1級・2級)、外壁劣化診断士、外壁塗装マイスター、雨漏り診断士などがあります。資格を保有していれば外壁塗装についての一定の知識や技術があると考えることができます。

外壁塗装の悪徳業者は、下地調整や3回塗りを行わなかったり、塗料を薄めて使ったりするといった手抜き工事を行うことがあります。そのため、工事中の現場を見ることができるか確認しておくとよいでしょう。今施工中の現場がある場合は見学させてもらえるか聞いてみるのもおすすめです。施工現場がきちんと整理整頓されているか、ゴミが落ちていないかといったところで職人のレベルを確認できます。施主の留守中、工事現場の写真を撮影しておいてくれる業者もあります。そういったサービスを行っている会社も優良業者である可能性が高いです。

工事後の保証があるか、施工不備があった場合直してもらうことができるのか、保証とアフターフォロー体制の内容なども重要なチェックポイントです。外壁塗装工事の保証には、塗料メーカーの「メーカー保証」と、塗装業者の施工品質を担保する「工事保証」があるので、両方の保証内容を確認しておきましょう。

 

外壁塗装の業者を選ぶ際、施主が外壁塗装についてある程度知識をつけておくことで悪徳業者にだまされずよい業者に施工を依頼できます。ご紹介したチェックポイントを参考に優良な塗装業者を見つけましょう。

外壁塗装業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名有限会社有松塗工店児玉塗装東海工芸塗り替え道場塗り替えコンビニ
特徴創業33年で6,000件の実績職人養成施設KTCで職人を育成資格を持つプロが無料外壁診断を実施完全自社施工で品質に全責任を持っている安さ・知識・技術・保証のすべてを徹底
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索