名古屋で評判の外壁塗装業者を徹底比較!おすすめの業者をランキング形式で紹介しています。

カラーシミュレーションはやるべき?シミュレーションするメリットとは

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/08/18


家の外壁塗装を依頼するにあたって、塗料の種類や色をどうするかは大きな悩みであり楽しみでもありますよね。とくに色については家のイメージを決定づけるので慎重に選びたいものです。そこで活躍するのがカラーシミュレーションです。ここではカラーシミュレーションを使用するメリットや注意点についてご説明します。

カラーシミュレーションとは

カラーシミュレーションとは、専用のコンピューターソフトを使用して作成した塗装後の住宅のイメージ画像を、モニターなどで確認することです。住宅の外壁を塗装する際、事前に塗装後の外観をイメージするのにとても便利な方法といえるでしょう。洋服や靴、自動車など何を購入するにも色については悩みますよね。洋服や靴であれば多くの場合は現物で色の確認ができますし、ウェブ上のショップでもすべてのカラーを確認できます。

自動車もショールームに現物がなくカタログに掲載がない色でも、多くの場合コンピュータ上でカラーシミュレーションが可能です。家の外壁塗装となると現物を見ることができませんし、試しに塗ってみたもののイマイチだったから塗り直してもらうというわけにもいきません。

このようなものにこそカラーシュミレーションは大いに効果を発揮するといえるでしょう。カラーシュミレーションで塗装後の外観を確認することは、色選びがしやすく失敗しないための手段ですが、同時にとても楽しくわくわくする時間でもあります。ここからは実際にカラーシュミレーションを行う際に知っておきたいメリットや注意点について確認していきましょう。

カラーシミュレーションを行うメリット

カラーシミュレーションには塗装見本やカタログからは得られない色々なメリットがありますが、なんといっても具体的なイメージがつきやすいことは最大のメリットといえるでしょう。視覚的に確認できるので、たとえば近隣の住宅と調和するかどうかを判断するといったことにも活用ができます。家のスタイルは数パターン用意されているので、自宅に近いモデルの家でシミュレーションができ、ビジュアル化されることにより、頭で想像するのと違って明確にイメージができます。

メーカー提供の無料サービスもあるので、パソコンがあれば好きなときにカラーシミュレーションができることもメリットの一つです。隙間時間を利用したり、家族で時間を合わせたりできるので大変便利ですが、中には塗装業者にしかできないサービスもあります。業者によってはショールームに大型モニターを設置していて、顧客が大画面でカラーシミュレーションを確認できるところもあり、パソコンの画面で見るよりもイメージしやすいでしょう。実際は家の外壁に塗装をするので、当然ながらできるだけ大きい画面でみる方がイメージに近づきます。さらに家族みんなで見れば楽しいですし、塗料の決定もしやすくなることでしょう。

また、家でじっくりシミュレーションした後で印刷したり、ノートパソコンなどに表示したりすることで、自分や家族の好みを明確に業者に伝えやすくなるというメリットもあります。たくさんのカラーパターンを比較したい場合も印刷をするとより違いが分かりやすく、選びやすいでしょう。塗装業社の方でもたくさんのパターンを表示して選ぶことができるので相談してみましょう。

カラーシミュレーションをするときの注意点

カラーシミュレーションの結果をディスプレイに表示したものや紙に印刷したものと、実際に外壁に塗る塗料とでは色調が異なるので注意が必要です。ディスプレイ上の色は、赤・緑・青の3色の組み合わせで表現され、印刷の色はシアン・マゼンダ・イエローの組み合わせで表現されます。そのためさまざまな色の元から作られる塗料の色とは色の出方が異なるというわけです。仮に実際の塗料の色とほぼ同じ色調でカラーシミュレーションができたとしましょう。その場合でも外壁の質感、塗料の質感、時間帯による日の当たり方、近隣の家とのバランス、天候などで、実際に壁に塗った塗料とでは色の見え方、雰囲気が変わります。実際の塗料を塗った状態の方がカラーシミュレーションよりぐっと表情が豊かになると考えておきましょう。

また、面積によって色の見え方が変わることも覚えておきましょう。カラーシミュレーションの画面で見るより実際の塗装面は大きいので、なるべく風合いがわかりやすいようにA4サイズの色見本を用意してくれたり、業者によっては試し塗りにも対応してくれたりします。

ウェブ上に公開されているカラーシミュレーションでは、色々なパターンの住宅のグラフィックが用意されていますが、自分の家と同じデザインではないのでイメージがつかみにくいということもあります。自宅のイメージに近いものがない場合や、より精度高くイメージしたい場合は自宅の写真を元にカラーシミュレーションをしてくれる業者もあるので相談してみるとよいでしょう。

まとめ

外壁塗装を依頼する際はカラーシミュレーションを活用してイメージを可視化すると色選びがしやすくなります。しかしカラーシミュレーシも万能ではなく実物とのイメージのギャップは必ずあるので、実際の塗装サンプルや試し塗りなども合わせて確認することで満足のいく塗装が実現するでしょう。

外壁塗装業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名有限会社有松塗工店児玉塗装東海工芸塗り替え道場塗り替えコンビニ
特徴創業33年で6,000件の実績職人養成施設KTCで職人を育成資格を持つプロが無料外壁診断を実施完全自社施工で品質に全責任を持っている安さ・知識・技術・保証のすべてを徹底
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧